TOP / 届出関係トップへ:交通事故
TOP / 届出関係トップへ:被保険者生年月日訂正届け
 
 ケガの原因が交通事故などの第三者(加害者)による
 行為の場合は、このケガの治療費は本来加害者が負
 担するべきものです。
 しかし、加害者に支払い能力がないなど被害者の自費
 診療になることがあります。 こうした場合、
 必要な手続きを行うことにより、
 健康保険で治療を受けることができます。
 
警察への人身事故の届出をしましょう。
小さな事故だから「まぁ、いいか」としないでかならず警察に届け出ましょう。
必ず医師の診断(検査)を受けましょう。
後遺症などの問題が発生する可能性があるので、必ず医師の診断(検査)を受けましょう。
加害者を確認しましょう。
車のナンバー、免許証、連絡先などを確実に確認するようにしましょう。
すぐにワールド健康保険組合<↓下記電話番号>へ連絡しましょう。
「第三者の行為による傷病届」をお送りします。
「第三者の行為による傷病届」に必要事項を記入して、
 1.発生状況報告書
 2.交通事故証明書
 3.診断書
 4.示談をしているときは示談書の写し
を添えて、健康保険組合へ提出して下さい。
「第三者の行為による傷病届け」健康保険組合到着後
  1.被害者には「念書」(被害者と健保の関係を明確にする)をお送りしますので、
   記入、押印して健康保険組合へご返送ください。
  2.加害者には「契約書」「損害賠償請求権取得について」(相手方当事者と
   健康保険組合との債権・債務の関係を明確にする)を送付します。
交通事故が発生した都道府県の「自動車安全運動センター事務所」へ所定の
郵便振替用紙を使って、事故証明書の交付を申請します。
郵便振替用紙は警察署(派出所・駐在所)、損害保険会社、農業協同組合
にも備え付けられています。
交付申請の手続きをすると、センター事務所から申請者の住所または
希望するところに、証明書が送られてきます。
 事故証明書は警察への届出がされていないと発行されません。