TOP / 健保の仕組みトップ

健保の仕組み
| 健保の仕組み | 標準報酬と保険料 | 健保の組織 | ワールド健保役員

健保の仕組み
健康保険は、働く家庭の将来に渡る病気や
ケガ等の不安をなくしています。
  健康保険は、会社で働く社員(その家族も含む)が、
1.仕事以外の事故でケガをしたり、病気になったとき
2.それが原因で会社を休み給与がもらえなかったとき
3.お産のため臨時の支出を必要とするとき
4.不幸にして死亡したときなど

いざというときに必要な医療費や手当金を支給して、生活上の不安を少しでもなくすことを目的にした制度です。 健康保険組合は、国が行う健康保険事業を国にかわって行っている公法人です。常時700人以上の従業員のいる事業所は、厚生労働大臣の認可を得て健康保険組合を設立することができます。会社が健康保険組合を設立するのは、会社と社員が実状に即した自主的かつ効果 的な事業運営を行うことができるからです。組合の事業運営は、会社側・社員側それぞれの代表者である議員で構成する組合会で決定されます。
健康保険組合が行う事業は、保険給付と保健事業があります。保険給付は、医療費の支払いや休職、出産、死亡などへの手当金の支給(法定給付)があります。保健事業は、社員と家族の方たちの疾病予防や健康づくりなど、いろいろな事業を行っています。
▲TOP

標準報酬と保険料
保険料は、給与の額から「標準報酬」
によって決められています。
 

標準報酬は、社員1人ひとりの給与(通勤費等を含む)を一定額の幅に区分したもので、1等級(月額58,000円)から47等級(月額1,210,000円)まであります。
健康保険の事業は、大部分が社員と会社が原則折半で負担する保険料でまかなわれています。保険料は、社員の給与に応じ負担することになっており「1000分のいくら」という割合(保険料率という)で決められています。
保険料率は、それぞれの健康保険組合の財政状態に応じて、組合会で自主的に決められるしくみになっています。
平成29年度ワールド健康保険組合の
一般保険料率は95/1000で変更はありませんが
(社員負担47.5/1000、会社負担47.5/1000)、
介護保険料率は17.8/1000に変更しております。
(社員負担8.9/1000、会社負担8.9/1000)で、
総報酬制導入により、賞与からも保険料が徴収されます。
平成29年度の健康保険における賞与の年度累計額の上限は540万円です。

標準月額表
▲TOP

健保の事業と組織

私達の選挙で選ばれた人たちが色々な活動を行っている健保組織です。

図1 医療費の支払いや休職、お産など手当金の支給 (法定給付)
健康づくり事業
疾病予防事業
図2 図2 図2
図2 図2 図2
●理事会は会社でいえば 役員会にあたり、理事長は 代表取締役社長といえます。
●組合会は株式会社でいえば 株主総会にあたります。
▲TOP

ワールド健康保険組合
▼ワールド健康保険組合 役員・議員
 
▼健康づくりにおける組織図
 ワールド健康保険組合の健康づくりを推進する仕組みとスタッフが解ります。

 
神戸所在地はこちら
神戸MAP
 
▲TOP